FC2ブログ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
美容室の検索なら
プークドットコム『www.po-oq.com』で!!
http://www.po-oq.com/
いますぐアクセス!!!!!!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ドイツのSiemens Communicationsは3月3日、デスクトップ・テレビ会議用に新しいビデオ・コンポーネントを搭載したユニファイド・コミュニケーション(UC)・プラットフォームの新製品「OpenScape Unified Communications(UC) Server」を発表した。

 Siemensのエンタープライズ・マーケティング担当シニア・バイスプレジデント、マーク・ストラトン(Mark Straton)氏によると、同プラットフォームはSiemens製品だけでなく、他社製品で構築した音声交換システムにも統合可能だという。

 当初出荷されるOpenScape UC Serverには、同社の音声通信ソフト「HiPath 8000 V3.1」をベースにした音声/IPルーティング・ソフト「OpenScape Video」と、「OpenScape UC Application V3」が搭載される。

 OpenScape UC Serverの価格は、100ライセンス版で3万9,150ドルとなっており、4月に出荷を開始する予定だ。

 また同社は、高解像度のポイント間通信用デスクトップ・システムに対応したテレビ会議ソフト「OpenScape Video」も4月末に出荷を開始する予定だ。こちらの価格は8,999ドルからとなっている。

 Straton氏によると、これまで発売されてきたUC製品は、複雑かつ高価であることに加えて、各ベンダーの独自技術を利用しなければならなかったため、それほど普及してこなかったという。しかし、SiemensのOpenScape UC Serverは、あらゆる環境に対応できるうえに拡張性が高く、価格も手ごろだとアピールしている。

 米国Black Box Network Servicesのバイスプレジデント、ドナ・ワーナー(Donna Warner)氏は、「(OpenScape UC Serverは)ビジネス・ユーザーにとって柔軟性の高いソリューションだ」と語っている。ちなみにBlack Boxは、Siemensにとって北米最大のチャネル・パートナーである。


 またWarner氏は、「OpenScape UC Serverは、独自ハードウェアの導入や特定OSへの対応が必要なく、ユーザーが最適と考えるペースでUC環境を構築していくことができる」とし、メッセージング/音声/ビデオの各ソリューションをユーザー側で適宜選択することができると説明した。

最近時代の変化についてけないよ
だれか教えて;;;;;
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |